読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Market zero

シャドウバースのブログと化しています

ためになる面白恋愛雑学から学ぶこと

雑記 全ブログ記事

 

 

f:id:marketzero:20161119035717j:plain

 

先日、ためになる面白恋愛雑学という記事を読みました。

男女間には、不思議な事に面白いくらい≪恋愛価値観≫の違いがあり、お互い相手の気持ちがわからないというもの。

 

たしかに同じ人間なのに性別が違うだけで価値観がここまで違うかと感じる事は多々あります。

個人的には違うからこそ色んな発見があって面白いとも思っています。

では具体的にどういう違いがあるのでしょうか。

 

 

女性は男性よりも、2倍の色が見えている。

色を認識する錐状体細胞の数が男の2倍あり、色に対して敏感に反応できる。

なので、女性は、
男性から見れば同じような色の
「口紅」や「バック」を多数持ちたがる。

 出典:i.gzn.jp

 

いきなり人体の構造上の話になってきますが、よくわかります。

ショッピングの場でも「それと同じような色の靴、家にたくさんなかった?」と感じる事がありますが、女性に言わせれば全然違うとのこと。

 

もちろんデザインが持ってるものと違うという事もあると思いますが、

微妙な色の違いが気に入って買う決め手となるようです。

 

男性でも黒が好きで毎回黒い服ばかり買う人がいますが、

女性はそうではなく、男性には気付かない色違いのものとして見えていたという事ですね。

 

男は「現在」、女は「未来」を見る

恋人がいてもいなくても、いつかは結婚したいと考える場合、

その「いつか」って一体いつでしょうか?女性の場合「出産のタイムリミット迄には」という意味、でも男性の場合、いつかは「今じゃない」という意味のことが殆どみたいです。

そもそも殆どの女性が彼氏が出来ると「結婚したらこんな生活」という妄想を始めることが多いですね。
一方男性の場合、結婚の時期について考えることはあまり無いと言っていいでしょう。どちらかというと、男の場合「今」が大事。
無責任とか何も考えていないというわけではなく、恋愛に関しては、今を頑張り、今を楽しむことが男性の特徴ともいえます。

出典:http://shinri-myself.com/

 

一般的な傾向としてはそうなんだと思います。

男性は「夢」をおいかけて「理想」を追い求めますが、女性は「未来」を見据えて「現実」を見ています。

結婚にしても男性はいつかしたいという風に考えていて、ワクワクドキドキする夢を追いかけ全力で今を楽しんでいるように思えます。

一方女性は明確に理想と現実の区別が出来ているため、先を見据えた上で今の自分が置かれている状況や今後の生活について現実を見ているのではないでしょうか。

 

 

恋愛の優先順位の違い

男性の基本的な優先順位は、仕事、友人、彼女という順番だというのです。

では何故、このような優先順位になるのでしょうか?男性は、常に外で働き、外に目が向きがちな生き物です。

男性は、外の生活や人間関係を一番大切にしようとします。何故なら、自分が生きていく為には、外での人間関係を築いていく事が必要不可欠だと考えるからです。

又、男性は彼女が出来ても、友人との距離感はそのままです。

一般的な女性の優先順位は、彼、友人、仕事という事なのだそうです。女性は、男性に比べ、自分の身近に目が向き易く、自分の一番近くにいてくれる人を、最優先にする傾向があります。

恋愛をしている時は、友人とも疎遠になりがちなのも、女性の心理的特徴といえます。急な呼び出しが来れば、友人や仕事は後回しで、彼の元に行ってしまいます。

出典:http://josei-bigaku.jp/

 

「 仕事仕事って、いったい仕事と私どっちが大事なの?」

「おまえの事は大事だが仕事が優先なんだ!」

よく耳にする話?だと思います(笑)

優先順位の違いによる価値観の違いは確かにあります。

最優先じゃないからと言って大事に思っていないという事ではないので、誤解しないようにしましょう。

 

 


以上ためになる面白恋愛雑学でしたが、いかがでしたでしょうか。

 

ようするに価値観の違いというのは、あなたの大切にするものと、相手の大切にするものが違う、あるいは大切にする順番が違うということ。

 

どっちが良い悪いというのではなく、これこそが男女の価値観の違いであり、
大事なのは、相手に自分の価値観を押し付けない事、そして価値観の違いを理解した上で相手を尊重し接していく事だと思います。

広告を非表示にする
Copyright (C) 2016 Marketzero All Rights Reserved.